特定の商品分野においての企業の位置づけを商標の出願状況から分析をするものです。
商標登録は、その会社の商品開発、ブランドの継続や新規製品開発意欲を表していると考え、
それぞれの企業様のポジションを商標の出願・更新状況から分析するものです。

事例紹介

対象分野:コラーゲン(指定商品)

1. 前提となる仮説

商標登録の更新や出願件数から、ブランド継続や新規製品の開発意欲の指標となる可能性がある。

2. 当該対象市場の状況を把握

急成長する前と現在の状況を比較
どういった会社が新規製品を精力的に投入しているのか、老舗がどこなのか、各社どういった動きを見せているのかを分析し提供致します。

仮説1

良いブランドを保有していそうな企業を探索するにあたり、商標登録の更新がなされていたり、商標出願件数が多かったりする企業について、ブランド継続や新規製品開発意欲等の企業のポジションを把握できる可能性がある

仮説2

商標のBMマップにおけるポジションの変化から、対象会社のブランド戦略の変化を読み取り、今後の戦略予測を行うことができる可能性がある

検証1

ある分野における各企業の状況を、出願状況と更新状況を切り口として具体的に検証する

検証2

ある分野における各企業の状況を、過去と現在の出願状況と更新状況の対比を切り口として具体的に検証する

分析結果をご報告いたします。

その他サービス内容を見る